このブログを書いている人
userimg
薄毛てんちょー
関東に25店鋪あるヘアサロン会社のマネージャーを経て訪問理美容師をしています。20歳のころから薄毛に悩む40代のおっちゃんが自分にあったAGA治療について模索しています。AGA関係の有益な情報を体験を交えてお届けしています。理美容室ネタは人気がありますよ。

◆福祉理美容士◆管理理容師◆HIQ取得(国際美容技術検定)◆介護職員初任者研修取得

この記事ではAGAの事をわかりやすく説明します。

AGAは病院で治す時代です。

AGAって何?

男性型脱毛症

のことです。

わかりにくい?

オブラートなしで言いますよ?

一般的なハゲ

のことです。

 

遺伝や男性ホルモンの影響から髪が抜ける状態のことです。

 

但し、一時的な円形脱毛症(主にストレスが原因)と病気による治療薬の副作用を除きます。

 

ちなみにAndrogenetic Alopeciaの略です。

 

AGAの対処法

シャンプーを変える

市販の普通のシャンプーからちょっと効果なスカルプ系のシャンプーに変えることで、毛穴の汚れをしっかり取って新しい髪の毛が生えてくる環境を整えます。

費用

代表的な物はスカルプD等、AGAで悩んでる人なら聞いたことあるシャンプーを使います。費用は1本3000円〜といったところです。

副作用

頭皮に合うか合わないかという皮膚との相性はありますが、肌にトラブルがない人なら副作用の可能性は極めて低いです。無いに等しいと言っても良いでしょう。

手間

シャンプーは毎日しましょう。いつものシャンプーをスカルプ系のシャンプーに変えるだけなので手間はかかりません。ただ、頭皮を指の腹で揉み込むようにしっかり洗わないと意味がありません。爪を立てたり頭皮に指が届かなかったりしては無意味です。そして流しが一番重要です。流しを疎かにするとシャンプーが毛穴に残って汚れの原因となります。

 

スカルプDはコチラでもお求めできます↓

 

 

育毛剤(養毛剤)を使う

世の中には無数に育毛剤が存在しますが、AGAの専門者が言うにはミノキシジルという成分が入っていない育毛剤は効果が極めて少ないと思ってください。1000円程度でコンビニで買えるような商品は、清涼剤の効果しかありません。

費用

3000円〜キリはありません。

副作用

成分によっては副作用があると言われていますが、育毛剤を使ったことで病気になった等聞いたことありません。

手間

お風呂上がりに、髪を乾かした後に塗布します。これを手間と取るのか習慣化するのかで感じ方は違うと思います。

 

発毛環境を整える成分『ミノキシジル』が入った商品はコチラ↓

 

食生活を変える

外食中心の栄養が偏った食生活は改めましょう。僕がヘアサロンで働いている時にこのことをお客さんに言ったら実行してくれて、抜け毛が減ったという声をもらっていますよ。

費用

外食に比べて自炊もしくは家族が作ってくれる食事は安上がりになるはずです。

副作用

外食し続けるほうが、髪の毛的にも健康的にも害はありそうですね。

手間

これは、料理する人によると思いますが… 手間がかかります。

 

良質な睡眠を取る

髪の毛は睡眠中に成長します。よく言われる22時から2時までのゴールデンタイムに睡眠を取っていることが大事だと言われています。

費用

0円

副作用

ありません。

手間

ゴールデンタイム中に寝ていることが困難かもしれませんが、意識すればなんとかなるはずです。よって手間要らず。

 

病院に行って薬を処方してもらう

AGAは今や病院で治す時代です。そしてその病院で治す方法がAGAの対処法としては一番確実と言われています。僕も何度かAGAクリニックのがやっている無料診断に行ったのですが、お金さえあればすぐにでも通いたいと思ったくらいです。もちろん病院なので完全に医療行為ですので安心です。

費用

月に2万円以上かかることがほとんどです。飲み薬と塗り薬と注射を併用すると飛躍的に効果が期待できますが金銭面が大変です。

副作用

健康な人であれば、副作用は無いと医療機関が認めています。

手間

クリニック(病院)に通う手間などがありますが、効果が出てきたら通うことさえ楽しいでしょうね。

 

AGAとは何?のまとめ

この他にも、植毛やカツラ等もありますがオススメはしません。ありえないくらい高額ですし根本的な治療になりませんし、メンテナンス(維持費も含め)が大変です。

この記事を参考に自分にあった事をできることから始めましょう。まずは、すぐにでもできる食生活と睡眠の見直しがいいかもしれませんね?

それと同時に自分のAGAのタイプを無料で診断してもらうことも問題解決の1歩になると思います。

 

 

 

 

【当サイトの情報について】

当サイトは、理美容師が日々感じることを経験を交えて書いております。医学的な専門サイトではないために情報に関しましては十分に自己判断していただきますようよろしくお願いします。

おすすめの記事